高血圧の改善には食事を見直すこと

高血圧の改善に大切なのは食事習慣の見直しです。

 

まずは普段の食事で「たんぱく質」を摂取するようにすることです。
たんぱく質は血管を柔らかくする働きがあり、高血圧の改善につなげてくれます。
赤みの肉、マグロ、カツオ、鮭、牛乳、ヨーグルト、チーズ、卵といった肉、魚、乳製品、卵を食事の中で積極的に摂り入れるのがおススメです。

 

それとプラスして血圧を下げる効果が期待できるものとして「お酢」が挙げられます。

 

お酢の主成分である酢酸は血圧を上昇させるホルモンの働きを抑え高血圧改善につなげてくれます。

 

高血圧改善効果を引きだすには毎日お酢を摂り入れることが必要です。
酢の物をプラスしたり、食後のデザート代わりにお酢のドリンクを飲むといった普段の生活でお酢を摂取する機会を作ります。

 

お酢のドリンクも独特の酸味が少ないフルーツ主体のものも増えているので、案外飲みやすいです。
どうしてもお酢が苦手な方は梅干しやレモンなどのフルーツを摂り入れるのも良いです。

 

梅干しやフルーツにはクエン酸が含まれていて、体内に入ると酢酸に変わるのでお酢を摂り入れるのと同じように高血圧の改善に働きかけてくれると言えるのです。

 

よって、高血圧の改善には毎日の食事でたんぱく質とお酢や梅干しなどのように酢酸を体内に摂り入れて血管を柔らかくし、血圧を下げやすくするように働きかけていくことが大切で、美容や健康効果も上がるので一石二鳥です。

 

トップへ戻る