ファインコーヒーときなりを徹底比較!

ファインコーヒーときなりを徹底的に比較してみた ※買いはコレ

 

ファインコーヒーときなりは、健康ケアサプリの中でも人気を集めていますが、血圧が高めな方にはどっちがおすすめか徹底比較しました。

 

(特徴を比較!)

 

・きなりの特徴
きなりにはDHAやEPA、DPAなどのサラサラ成分、健康酵素と言われるナットウキナーゼ、抗酸化作用のあるアスタキサンチンが配合されています。
また、クリアオイルを使用することで吸収性を高めている点も、きなりの特徴の一つです。

 

・ファインコーヒーの特徴
ファインコーヒーには、ギャバやクロロゲン酸、難消化性デキストリン、ガルシニア、ビタミンB群などの成分が配合されています。
ファインコーヒーの機能性関与成分はギャバで、血圧が高めな方に適した機能性があることが報告されています。

 

ファインコーヒーときなりの成分を比較すると、血圧が高めな方にはファインコーヒーが向いているようです。

 

(どっちがいいの?)

 

ファインコーヒーときなりを比較した場合、特徴が違うため比較は難しいですが、血圧が高めな方におすすめは?という点に着用すると、ギャバを配合したファインコーヒーがおすすめです。

 

・ファインコーヒーがおすすめな理由は?
きなりは、サラサラにアプローチする成分が配合されているため、健康ケアに魅力的なサプリですが、血圧ケアに特化する場合はギャバの機能性が魅力なファインコーヒーです。

 

また、継続性を比較してもファインコーヒーは、普通のコーヒーを飲む感覚で続けられるので、無理なく忘れずに継続できます。

 

>> ファインコーヒーの詳細はこちら

 

 

 

ファインコーヒーを飲んでも血圧下がらない?

 

ファインコーヒーの口コミを調査したところ、血圧下がらないという感想を見つけました。
そこで、『血圧下がらない』というケースもあるのか調査しました。

 

(血圧下がらないという口コミを調査)

 

・1週間飲んでも血圧が下がらないので、私には効果なしだと思います。

 

・ファインコーヒーだけの対策だからか、10日以上継続しても最高血圧に変化なしです。

 

・血圧下がらないという感覚はないものの、期待したような効果はなく残念です。

 

血圧下がらないという口コミを見ると、使い始めから1ヶ月未満の人がほとんどのため、ファインコーヒーを飲んでも血圧下がらないというより、短い使用期間も関係しているようです。

 

(トータル的な対策もポイント!)

 

血圧が高めな方は、減塩を意識するなど食生活の見直しや適度な運動も大切です。

 

・悪い口コミの特徴
ファインコーヒーの口コミで血圧下がらないという人の感想を見ると、食生活や生活習慣の見直しを実践していない人がほとんどのようです。

 

また、血圧は喫煙や飲酒なども関係してくるようですので、ファインコーヒーだけではなくトータル的な対策がおすすめです。

 

・良い口コミがほとんど!
ファインコーヒーの口コミを見ると、飲んでも血圧下がらないなどの悪い口コミは少数で、ほとんどが良い口コミとなっています。

 

 

 

ファインコーヒーの効果的な飲み方は?

 

機能性表示食品を使用する場合、飲み方を気にする方も多いようです。
そこで、ファインコーヒーの効果的な飲み方について調査しました。

 

(基本的な飲み方は?)

 

・基本的な飲み方
カップにファインコーヒー1袋を入れ、100mlから150mlのお湯か水に溶かします。

 

ファインコーヒーはブラックタイプのため、ブラックが苦手な方はお好みで砂糖やミルクを加える飲み方がおすすめです。

 

・飲むタイミングは?
ファインコーヒーは機能性表示食品のため、飲むタイミングに決まりはなく、朝食後や仕事の合間など自分に合った飲み方で大丈夫です。

 

(効果的な飲み方は?)

 

・継続が効果的な飲み方に!
ファインコーヒーは、継続的な飲み方が大切なポイントで、継続が効果的な飲み方と言えるでしょう。

 

・マグボトルに入れる方法も!
マグボトルにファインコーヒーを入れて持ち運ぶと、シーンに関係なく飲むことができるため、効果的な飲み方としてもおすすめです。

 

・過剰な摂取はNG
効果的な飲み方をするために過剰な摂取をするケースもあるようですが、過剰な摂取は避け1日の目安量10gを継続することが効果的な飲み方です。

 

ファインコーヒーの口コミを見ても、長く継続的な飲み方をしている人ほど効果を実感しているようです。

 

 

 

ファインコーヒーの成分や副作用は?

 

ファインコーヒーは、血圧が高めな人から人気を集めている機能性表示食品ですが、成分や副作用を気にする方も多いと思います。
そこで、ファインコーヒーの成分から副作用を調査しました。

 

(ファインコーヒーの成分は?)

 

・主成分はギャバ
ファインコーヒーの機能性関与成分はギャバ20gで、血圧が高めな方に適した機能性があることが報告されています。

 

・他の成分は?
ファインコーヒーには、難消化性デキストリンやクロロゲン酸、ガルシニア、ビタミンB群などの成分も配合されています。

 

難消化性デキストリンは、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする働きが期待できるので、ファインコーヒーはダイエットにもおすすめです。

 

(副作用がでる可能性は?)

 

ファインコーヒーの配合成分を調査したところ、危険な成分は含まれていないため、副作用がでる可能性は極めて低い商品です。

 

・機能性表示食品だから安心!
ファインコーヒーは機能性表示食品のため、医薬品のような副作用はありません。

 

・口コミから副作用を調査
ファインコーヒーの口コミを調査したところ、副作用がでたという内容は見つかりませんでした。

 

しかし、体質には個人差があるので、特にアレルギー体質の方は事前に成分の確認をおすすめします。

 

 

 

ファインコーヒーは降圧剤と併用しても大丈夫?

 

ファインコーヒーは、血圧が高めな方におすすめな機能性表示食品ですが、降圧剤と併用しても大丈夫か調査しました。

 

(降圧剤と併用しても大丈夫?)

 

ファインコーヒーは機能性表示食品のため、降圧剤との併用を考える方も多いと思いますが、処方されている薬を服用中の場合は注意が必要です。

 

・公式サイトに記載されている注意内容
ファインコーヒーの公式サイトを見ると、『医薬品を服用している場合は、医師や薬剤師に相談して下さい。』という注意書きがあります。

 

その為、降圧剤との併用を考えている方は、自己判断を避け担当医への相談が必要です。

 

ファインコーヒーの口コミを見ても、自己判断で降圧剤と併用しているという人はいないようです。

 

(ファインコーヒーの主成分は何?)

 

ファインコーヒーは降圧剤のような医薬品ではないので、『主成分は何?』と疑問の方も多いと思います。

 

・機能性関与成分はギャバ20g
機能性表示食品ファインコーヒーの機能性関与成分はギャバ20gで、ギャバは血圧が高めな方に適した機能があることが報告されています。

 

ファインコーヒーは機能性表示食品のため、血圧が高めな方は適度な運動や食生活の見直しなど、生活習慣の改善を併用する使い方が理性的です。

 

>> ファインコーヒーの詳細はこちら

トップへ戻る